ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。
  • 現在の場所
  • ホーム
  • イベント情報
  • 日本国憲法施行70年記念連続講座 第1回「憲法は生きているか? 内心の自由と共謀罪」

イベント情報(2017年度)

日本国憲法施行70年記念連続講座 第1回「憲法は生きているか? 内心の自由と共謀罪」

2017年05月02日更新

国会で「テロ等準備罪」と名前を変えた「共謀罪」法案が審議されています。

「共謀罪」は,内心の自由を保障した憲法19条,刑事の適正手続を保障した31条に反するものであり,過去3回,廃案になった経緯があります。

政府は,従前の「共謀罪」とは異なる,「準備行為」が必要であるから,従前の「共謀罪」ではない,対象犯罪も「テロ対策」に必要な277に絞り込んだ,などと説明しています。

しかし,著作権法違反など「テロ」とは無関係な犯罪も対象に含まれており,更には,市民団体なども「組織犯罪集団」に一変することを認めております。「一変した」と判断するのは捜査機関です。

憲法違反の「共謀罪」の本質を学び,廃案のために声をあげましょう。

実施日時 2017年5月30日(火) 18:30~ (開場18:10)
場所 開港記念会館 講堂
横浜市中区日本大通9番地
入場料 無料
予約 不要
講師 海渡 雄一 弁護士
主催 神奈川県弁護士会
お問い合わせ 神奈川県弁護士会
電話 045-211-7705

※神奈川県弁護士会では、当イベントの内容を記録し、また成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、当会の広報誌や書籍、DVDのほか、ホームページ、パンフレット等に使用させていただくことがあります。

 
 
本文ここまで。