ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

不貞中の夫が離婚を求めたとき

2018年01月26日更新離婚

結婚10年目の主婦です。ここ半年ほど、夫の出張や不在が増え、おかしいと思っていたら、別の女性と交際しているとわかりました。そこで、夫を問い詰めると、一方的に、離婚届に印鑑を押して欲しいと言われました。私は絶対離婚したくないのですが、今後どうすれば良いでしょうか?

 まず、離婚の意思がないのであれば、離婚届に印鑑を押す必要はありません。

 離婚届が一旦受理されてしまうと、離婚無効確認の判決を得るまでは、戸籍を訂正できないため、自分の知らないところで離婚届が提出されてしまわないように、念のため、離婚届の不受理申出書を、できれば本籍地の役所に提出しておくことをおすすめします。最寄りの役所から本籍地の役所に転送してもらうことも可能です。なお、以前は不受理の有効期間が定められていましたが、現在は撤廃されていますので、取り下げるまで不受理の効果は続きます。

 そして、女性への慰謝料請求を望むのであれば、女性がどこの誰かといった情報や、不貞を裏付ける証拠も必要になるので、それを入手しておくとよいでしょう。

 お話を前提にすると、夫側が離婚を急いでいるようなので、場合によって、夫から調停を申し立てる可能性もあると思います。

 何か動きがあったら、また心配があれば都度、弁護士に相談してみて下さい。

関連情報

家庭の法律相談
離婚相談

回答者情報

弁護士名 中原 都実子
事務所名 横浜開港法律事務所
TEL 045-226-5817
FAX 045-226-5827
Webページ http://www.kaikou-law.com/

 

 
 
本文ここまで。