ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

部活・スポーツでのトラブル

2019年06月14日更新子ども

私の息子が,市立中学校のサッカー部での部活動中に怪我をしました。通常の部活動の時間中に起きたようですが,学校と先生は,息子に対してどういう責任を負うのでしょうか。
 また,息子は,民間クラブの地元サッカーチームにも所属していますが,そのときに怪我をした場合とは,何か違うのでしょうか。

法的責任のうち,民事的な責任である損害賠償責任に限って説明しますと,公立学校の場合,学校設置管理者の自治体が賠償責任を負い,民間クラブの場合,事故発生時の指導者とクラブ運営主体が共に賠償責任を負います。

学校・クラブ側に,その事故で怪我を防止すべき具体的な注意義務又は安全配慮義務があったかどうかが問題となり,裁判例では,事故の事実関係を踏まえ,どのような義務があるのかが争われています。また,事故態様によっては,怪我をさせた生徒にも責任が生じたり,怪我をした生徒にも過失があるとして過失相殺がされる可能性があります。

なお,学校事故では日本スポーツ振興センターの災害共済,民間クラブ事故ではスポーツ安全保険等のクラブが加入する損害保険から、治療費等が支払われる可能性があるので、確認をして下さい。

また,本件では,金銭解決よりも,むしろ事故が起きた理由を明らかにした上で,再発防止等を求めたいお気持ちが強いと思います。学校事故等で公正な解決を図るために必要なことは,第1は事実関係の確定,第2は原因の分析と解明,第3は再発防止への措置,第4に損害に対して責任を負うべき者がいる場合の損害塡補です。具体的な問題では最終的に金銭解決せざるを得ないとしても,こうした必要事項に適切に対応し,納得できる解決に至るため,早めに弁護士に相談されるべきです。

関連情報

子どもお悩みダイヤル
子どもの人権相談

回答者情報

弁護士名 阿部 新治郎
事務所名 沢藤・井澤・阿部法律事務所
事務所住所 横浜市中区日本大通18番地KRCビル9階
TEL 045-663-5617
FAX 045-663-5618
Webサイト https://www.sawafuji-law.com/

 

 
 
本文ここまで。