ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

我が家の台所事情

2012年08月17日高橋 奈津子弁護士

台所事情といえば、通常は家計状況を意味しますが、今回は文字通り「台所」の事情です。
私は夫と二人で事務所を経営しており、昼間は弁護士として働いていますが、家に帰れば幼稚園児の親として、バタバタと家事をこなさなければいけません。

一番悩ましいのが夕飯の準備。特に夏は暑さで自分がバテているため、自宅に帰っても夕飯を用意する気力が湧いてきません。そこで、どうすれば夕飯の準備が効率よくできるだろうかと「共働き 夕飯 レシピ」など適当なキーワードでネットを検索すると、よくヒットするのが、土日に作り置きして冷凍保存、という回答。アレンジの効きやすい食材を下ごしらえして保存しておく、いわゆる常備菜のことですかね。確かに、常備菜があれば便利なのでしょうが、ずぼらな私には「何が悲しくて土日に南瓜を煮溜めておかなければならないのか」という思いが拭いきれません。

このように、夕飯のことで私が頭を悩ませているのを知ってか知らずか、先日、夫(同業者というか同じ事務所)が「チャーハンにスパムは入れて欲しくないんだよね」と一言。そんなことを言うならば毎晩、素麺にしてやるぞと思っています。すみません、最後が愚痴で。

 
 
 
本文ここまで。