ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

人生幾つになっても・・・

2014年01月29日飯田 直久弁護士

弁護士になってもうすぐ30年です。人生も折り返し地点を過ぎると、あと何年生きられるのかなあ・・・なんて考えるようになってきます。この歳になると「いやあ~もの覚えが悪くなってさあ。」「最近物忘れがひどくなってさあ。」なんていった会話が増えてきますが、この「記憶力」という言葉に最近疑問を感じています。遠い昔のことを何かのきっかけで不意に思い出すといったこともあるし、気にも留めていなかったことを人から尋ねられて思い出すといったこともあります。それって「記憶」はしていたけど、再生ができなかったというだけですよね。つまり、人間は目にし耳にしたことは全て「記憶」していて、それを再生する力が衰えてくるというのが正しいと思っています。そう考えると、人間の記憶容量というものは、いくら大容量化してきたとはいえ、パソコンのメモリ容量なんかは足下にも及ばないと言えそうです。

ところで、話は変わって、伊能忠敬という人物はご存じでしょうか。そうです、日本の地図を作った人です。

実はこの人、50歳を迎えて家業を譲り、幼い頃から興味を持っていた天文学を本格的に勉強する為に江戸へ出ます。しかも、1800年、55歳にして測量をするため江戸を出発します。その距離だけでなく、おそらく沿岸部などを歩くのは、恐ろしい恐怖や苦労があったことでしょう。

「測量隊はいかなる難所もお通りなされ候」

雨、風、雪をものともせず、海岸線の危険な場所でも果敢に突っ込んでいったようです。人生50年と言われていた頃のことですから、これって凄いことですよね。あと何年生きられるのかなあ・・・なんて考えているのが恥ずかしくなってきます。

人生幾つになっても、色々なことに関心を持って、しっかりした目標を持って、頑張ることが何よりも大切なことの様です。

 

執筆者情報

弁護士名 飯田 直久 写真
事務所名 日本大通り法律事務所
事務所所在地 横浜市中区日本大通18番地 KRCビルディング5階
TEL 045-664-5291
FAX 045-664-5292
ホームページ http://www.jpodr.jp

 

 
 
本文ここまで。