ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

継続は力なり

2014年03月20日細川 宗孝弁護士

弁護士という仕事は,テレビドラマ等では法廷で激しく論争したり,事件現場に赴いて調査をしたりと,外でアクティブに活躍しているというイメージが強いのではないでしょうか。もちろん,そういう弁護士さんもいらっしゃると思いますが,基本的には「訴状」などの裁判所に提出する書面を椅子に座って起案するという作業が多いです。

当然動かないため太ります。
ある先輩弁護士は,「弁護士としての貫禄を出すために太るんだ」と言って太っている言い訳をしていましたが・・・
私は,ここ半年で7kgも太ってしまい,健康診断でも肝臓の値が再検査ギリギリのところでした。

写真

そこで,最近「活動量計」というものを手首にはめて使っています。

これは,万歩計の進化バージョンで,加速度センサーなどで動きを検知して,身体全体の活動量を測定出来るという素晴らしいアイテムです。
歩数ではなく,身体全体の動きを計るわけです。
今日は,いつもより動いていないからエスカレーターではなくて階段で行こうと自分を律して敢えて困難な道を選ぶ動機付けになります。

友達や他のユーザーと比較できる機能がついているものもあります。
例えば,ここ1週間の他のユーザーの平均数値が19.7K(単位はよくわかりません)で,私は8Kです。平均的な人よりも2分の1以下しか動いていないことがわかり,悲しい気持ちになってまた頑張るというすばらしい機能です。

おそらくパソコンで文字を打っているか(ちゃんと書面を書いているか)も検知されているのではないでしょうか。健康増進のための道具ですが,しっかり仕事をしているか管理される道具になったら恐いなと思ったりもします。

結局,目標を達成するために近道はなく,日々のコツコツとした努力の積み重ねが大事だと,活動量計をつけてみて再認識した次第です。

 

執筆者情報

弁護士名 細川 宗孝
事務所名 大堀・山本法律事務所
TEL 044-200-4506
ホームページ http://kawasaki-law.com

 

 
 
本文ここまで。