ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

45番,岩屋寺

2016年02月19日青木 康郎弁護士

もう言い古されているかなとは思いますが,最近,世の中から寛容さというかおおらかさというか,そういうものが無くなってきているのかなぁと思っています。
なんでそんなことを思ったのかと言いますと,もう5年ほど前のことになりますが,とある北海道のバラエティ番組の影響で,四国88カ所,いわゆるお遍路を回りました。敬虔な信仰心からではないので,気が向いたときに,土日や3連休などを使って,少しずつ,2,3年かけて回りました。もちろん車で。
中学校からの友人と一緒に回ったのですが,四国の自然は美しいし,お寺の雰囲気は良いし,とても楽しく回らせてもらいました。

真面目な方からすると,お遍路を楽しく回るなんて,と眉をひそめられたりするかもしれませんが,四国の人は皆,歩きだろうと車だろうとお遍路の人に優しかったし,なにより私のような不真面目な者でも,お寺を回っているうちに,敬虔な気持ちや仏教の素敵さ,仏教やお遍路がこれだけ続いている理由など,そういったものがなんとなくではありますが垣間見えた気がします。
回って良かったし,機会があったらまた行きたいなと思っています。

写真
45番岩屋寺

そういうほんの片鱗でも,お遍路とか仏教とかにふれる機会が持てたのは,動機がどうあれ,とりあえず88カ所に行ってみたからであって,これを例えば,「そんな適当な気持ちでお遍路に行くなんてけしからん。不真面目だ。」などと言われ,行くこと自体を否定されていれば,そんなきっかけも持てなかったし,お遍路や仏教について考えることも無かっただろうなと思っています。
私の勝手な感想に過ぎないかもしれませんが,私がお遍路(もどき?)にまつわる素敵な体験をすることができたのは,お遍路に関わる人々や,四国が,私のような不真面目な者でも寛容に受け入れてくれて,回らせてくれる環境があったからなのだと思うのです。

自戒の念を込めて考えるに,年を取るとともに自分の中の価値観が固定化し,「これはこうでなくてはいけない」「こうするのはけしからん」「あれはだめ」「これはだめ」というような不寛容な考えに支配されてはいないか,他の見方,他の価値観を自分の経験や思考から安易に否定してしまってはいないか,そうだとするととても息苦しいし,いろいろな可能性や発見の芽を摘んでしまうのではないか,そんなことをつらつら考えたりした旅でした。
これから年を取るにつれ,頭の固いおじさんにならないように気をつけようと思えたことは,私にとってとてもありがたい御利益の一つだったかなと思っています。ただ,お遍路で一番楽しかったのは,スタンプラリー的に集めた納経帳の作成だったりはするのですが。

ともかく,親しい友人や家族と回るのは本当に楽しく,おすすめです。皆さんも是非いかがですか。

写真1

途中に寄ったおいしいうどん屋さん

 

執筆者情報

弁護士名 青木 康郎
事務所名 横浜開港法律事務所
事務所住所 横浜市中区本町2丁目10番横浜大栄ビル2階
TEL 045-226-5826(代表) 045-226-5818(直通)
FAX 045-226-5827
メール aoki@kaikou-law.com
Webサイト http://www.kaikou-law.com/
 
 
本文ここまで。