ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

ミュージカルへの誘い

2017年07月21日神田 木綿子弁護士

今年は,映画「ラ・ラ・ランド」や「美女と野獣」が公開された他,ミュージカル俳優の山﨑育三郎さんがドラマ等で活躍されており,ミュージカルについて見聞きする機会が多いのではないでしょうか。

私は,学生時代からミュージカルを観るのが趣味で,「ラ・ラ・ランド」「美女と野獣」も,もちろん映画館に見に行きました。どちらも素敵な世界観でした。

そして先日,ついに,念願だった「レ・ミゼラブル」の舞台を見に行ってきました。

「レ・ミゼラブル」は,パン1つを盗んだために19年間も監獄生活を送ることになった男性の生涯を描いた作品で,映画化もされたとても有名なミュージカルです。

私がチケットをとったときには,平日の席しか残っていなかったので,仕事を終わらせて劇場に行けるかどうかとても心配だったのですが,その日は午後の予定は何も入れず(事務所の暑気払いは残念ながら欠席し),早々に事務所を出て,無事開演に間に合うことができました。

平日にもかかわらず,劇場はほぼ満席で,観客全員のスタンディングオベーションで終演しました。歌も演奏もすばらしく,特に子役がすごくかわいかったです。

私がミュージカルが好きというお話をすると,必ず,「ミュージカルは苦手」という方がいらっしゃいます。ミュージカルが苦手な方からは「突然歌い出すのが理解できない」と言われることが多いです。

写真

ただ,この点を「ミュージカルは非日常」と割り切っていただければ,ミュージカル鑑賞はとてもいいストレス解消になると思うのです。上演中の数時間ミュージカルの非日常感にどっぷり浸れるだけでなく,鑑賞後しばらくは,思わず劇中歌を口ずさんで,楽しい気分になってしまうことは間違いありません。

ミュージカルが苦手な方も,今年のミュージカルブームにのって,一度ミュージカルをご覧になってはいかがでしょうか。

 

執筆者情報

弁護士名 神田 木綿子
事務所名 沢藤総合法律事務所

 

 
 
本文ここまで。