ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

優勝を目指して

2017年09月01日松永 直之弁護士

まだまだ暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年の夏の甲子園は、花咲徳栄高校が埼玉県勢初の選手権優勝を成し遂げましたが、 高校野球の終わりとともに夏の終わりを感じる方も多いのではないでしょうか。
そんな中、これから夏本番を迎える球児?達がいます。

私も所属している神奈川県弁護士会の野球部「横浜マリナーズ」は、毎年秋に、各県の弁護士会野球部との間で行われる全国大会での優勝を目指し、毎週精力的に活動しています。

野球部とはいっても弁護士達の趣味の草野球であり、活動日は週に1回程度ですが、仕事の日よりも早い時間に家を出てグラウンドへ向かったり、時には新幹線や飛行機を使って他県に遠征したりするなど、力の入れ具合は高校野球さながらです。また、他県の弁護士会との試合があるときには、試合をビデオ録画して相手選手の癖を徹底的に分析するなど、草野球でそこまでやるのかと驚くことも多々あります。

所属している部員の年齢は様々で、20代~60代、それ以上と幅広い年代の弁護士が集まり、良いプレーは皆で褒めあい、悪いプレーにはヤジを飛ばすなど楽しく活動しています。

昨年は創部35年目で初の全国大会単独優勝を果たすことができ、今年の春に下田で行われた合宿では、優勝のビールかけをするという貴重な体験ができました(大量の瓶ビールが一瞬で空になったのは衝撃的でした!)。

全国大会が近づくこの時期は試合が中心となり、チームとしての戦略を立てたり、他チームの戦力の分析を行ったりと選手たちの士気も高まってきます。 昨年の優勝以降、他チームからのマークも厳しくなり、連覇達成は簡単な事ではありませんが、また皆でビールかけができるように今週も早起きして頑張りたいです。

写真1

今年8月に伊香保で行われた
関越野球大会での新入部員集合写真

写真2

同大会敢闘賞を期待しての一枚

 

執筆者情報

弁護士名 松永 直之
事務所名 木村良二法律事務所

 

 
 
本文ここまで。