ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

法教育活動の恩恵を受けた話

2018年07月06日中村 真由美弁護士

  神奈川県弁護士会では、県内の学校に弁護士を講師として派遣し、出前授業を行っています。そして先日、私の娘の学校でも、当会の出前授業が実施されました。

  ある日、娘が「弁護士による授業のおしらせ」とのプリントを持ち帰ってきたので、さっそく担当講師をチェックしたところ、講師には知り合いの弁護士も含まれています。私はがぜん楽しくなってきて、問題集とノートを広げたままテレビを見ている娘に声を掛けました。

  「出前授業に来てくださる講師の先生が出演している弁護士会の動画があるから、出前授業前に見ておくべき」

  私が紹介したのは「かなチャンTV」の[KANABEN(かなべん)]動画。弁護士が繰り広げる本格的なマジック、各種ダンス、サッカー、腕ずもう...。娘は、最初のうちは、どこで笑って良いのかもよく分からないような表情でしたが、だんだん面白くなってきたようです。さいごには、「弁護士って、ヘン」と言って、「予習」を終えました。

  出前授業が実施された後、さっそく授業の感想を確認。娘のコメントは次のようなものでした。

  1. 楽しかった。
  2. 動画どおりに踊っている先生がいた。ウケていた。
  3. ドラマやアニメを弁護士が見ると...的なコメントが興味深かった。公開中の某人気アニメ映画の話をしてくれて、公判前整理手続きはコウハン「ゼン」セイリテツヅキと読むことを知った。
  4. 友だちは、弁護士バッジ見て「おお~」って言っていたし、「異議あり!」って言わないっていうのも「そうなんだ~」って言っていた。でも私は知っていた。
  5. 弁護士が身近に...これ以上ならない。

  ふだん私は自宅で法律の話などしないので、同級生たちと一緒に弁護士の話を聞き、法的ルールについて考える貴重な機会を得たことはありがたいことだと感じました。

  なお、「かなチャンTV」の[KANABEN(かなべん)]動画はこちらです。

写真

(画像をクリックするとサイトに移動します)

 

執筆者情報

弁護士名 中村 真由美
事務所名 川島法律事務所

 

 
 
本文ここまで。