ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

サッカーは時代をつなぐ

2018年08月03日苑田 浩之弁護士

 2018年。新たにリメイクされたテレビアニメ「キャプテン翼」が4月から放送されている。サッカーワールドカップのロシア大会が6月から7月にかけて開催されたことは記憶に新しい。

 「キャプテン翼」とサッカーワールドカップは、私を一気に小学生時代に引き戻した。

 テレビアニメ「キャプテン翼」の第1作は私の小学生時代に放送された。地域のサッカークラブに所属していた小学生時代の私は「キャプテン翼」に夢中になり毎回わくわくしてテレビの前に座った。

 そして、小学生時代の私は、初めてサッカーワールドカップをテレビで観戦することになる。1982年のスペイン大会である。大会ポスターを作成したのは絵画の巨匠ジョアン・ミロ。

 この大会、たった1人のイタリア人が黄金のカルテットを打ち破った伝説の試合がある。イタリア代表対ブラジル代表の試合。

 たった1人というのは大げさな誇張であるが、このイタリア人とは大会得点王になったパオロ・ロッシ選手。黄金のカルテットとはブラジル代表の中盤を構成したジーコ選手、ファルカン選手、ソクラテス選手、トニーニョ・セレーゾ選手。

 大会を通じて魅力的なサッカーを披露したブラジル代表は、パオロ・ロッシ選手のハットトリックによって2対3で敗れ、大会を去った。勢いに乗ったイタリア代表は大会を制することになる。

 私は、サッカーの魅力、美しさ、残酷さを目の当たりにした。

 後年、ジーコ選手はJリーグ鹿島アントラーズでプレーして日本代表の監督も務めた。ファルカン選手も日本代表の監督を務めた。トニーニョ・セレーゾ選手はJリーグ鹿島アントラーズの監督を務めた。あの黄金のカルテットのうち3人が日本サッカー界に縁を持つことになった。

 再び2018年。新たにリメイクされたテレビアニメ「キャプテン翼」は登場人物たちが携帯電話を持つなど現代風にリメイクされている。サッカーワールドカップのロシア大会では、日本代表が、ベルギー代表と激闘を演じ、2対3で敗れ、大会を去った。

 時代は大きく変わったが、サッカーの魅力、美しさ、残酷さは変わらない。

 私は、中学・高校の部活、大学のサークル、弁護士会のサッカー部でサッカーを続けてきた。そのサッカーが、時々、小学生時代やその他の時代に私を引き戻してくれる。2018年は小学生時代に私を引き戻してくれた。サッカーは、次はどの時代に私を引き戻してくれるか。今から楽しみである。

写真1

スペイン・アリカンテ 弁護士ワールドカップの試合会場

 

執筆者情報

弁護士名 苑田 浩之
事務所名 横浜イースト法律事務所
事務所住所 〒231-0015
横浜市中区尾上町1-4-1関内STビル11階
TEL 045-681-3966
FAX 045-681-3967

 

 
 
本文ここまで。