ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

~第二の故郷「山形」での出会い~

2018年11月16日澤田 美穂子弁護士

 11年前の11月,司法修習地が「山形」となり,東京で生まれ育った私は,初めて東京を離れることになりました。

 山形新幹線の車窓から見える雪の量に驚き,冬を越せるのかと心配になった程でした。

 しかし,指導教官,法曹の先輩方,修習仲間に恵まれ,雪道もうまく歩けるようになり,日ごとに山形が好きになっていきました。

 山形での生活にも慣れてきた頃,山形でプロ野球の試合をやるというニュースを耳にしました。

 しかも,その試合は,私の応援している横浜ベイスターズ(当時)対巨人戦だったのです。

 試合当日,4人の仲間が私に付き合って,一緒に球場に来てくれました。

 芝生の外野席に到着したら,周りは,地元の方ばかり,しかも,ほとんどの方が,巨人を応援していました。

 しかし,私は,この日のために実家より持ってきたベイスターズのメガホンを取り出し,仲間4人と共に,ベイスターズの応援を楽しみました。

 すると,隣りのスペースに座っていた,ちょうど両親くらいの年齢のおじさま,おばさまに声を掛けていただき,手作りのおかずやお漬け物,お菓子などを,沢山いただきました。

 地元の方の優しさに触れて,本当に嬉しかったです。

 話をしている内に,巨人を応援していたおじさま方は,ベイスターズを一緒に応援してくれるようになり,試合が終わる頃には,すっかり仲良くなっていました。

 試合後,記念撮影をし,撮った写真の送り先として,一人の女性の住所をお聞きし,後日,プリントしてお送りしました。

 これがきっかけとなり,みなさんとの文通が始まりました。

 夏には,さくらんぼを送って下さり,電話で私の体調を気遣ってくれました。

 そんな年月を繰り返し,昨年,懐かしの山形の球場で,ベイスターズが試合をやることになりました。

 私は,9年振りに,おじさま,おばさまに会いに行きました。

 一緒に野球観戦をし,本当に楽しいひとときでした。

 翌日,おじさま方は,「またいつで帰っておいで」と言って下さり,「第二の故郷」である山形での素晴らしい出会いに,心から感謝しました。

 これからも,色んな出会いを大切にしていきたいと思っています。

写真1

山形の球場でのベイスターズ勝利の瞬間

写真2

山形のサクランボ

 

執筆者情報

弁護士名 澤田 美穂子

 

 
 
本文ここまで。