ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

会長就任のご挨拶

神奈川県弁護士会会長 延命 政之

神奈川県弁護士会会長 三浦  修

皆さまには、益々ご清栄のことと存じ上げます。

さて、私は平成29年4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任いたしました。

昨年、県民に身近な弁護士会を目指して横浜弁護士会から神奈川県弁護士会へ会名を変更しました。神奈川県弁護士会は、神奈川県内に法律事務所をもつ全ての弁護士・弁護士法人が加入する公的団体です。会員である弁護士数は、平成29年4月1日現在1600人、うち横浜本部(横浜市、海老名市、藤沢市、茅ヶ崎市、鎌倉市など)1127名、川崎支部217名、県西支部(小田原市、厚木市、平塚市など)122名、横須賀支部(横須賀市、逗子市など)49名、相模原支部(相模原市、座間市)82名、となっています。

私たちは、これまで弁護士会が一貫して取り組んできた、立憲主義の擁護、高齢者・障がい者や子どもなど社会的弱者への支援、貧困問題の根絶、東日本大震災被災者支援、刑事弁護、犯罪被害者支援など神奈川県全域における人権擁護活動を一層充実させてまいります。

また、複雑化し多様化する問題に対し、迅速かつ的確な法的サービスが求められています。県民の皆さまの法的ニーズに応えるため、神奈川県弁護士会は県内8ヶ所の法律相談センターを設けるほか、高齢者・障害者やその支援者のために「みまもりダイヤル」、事業者のための「ひまわりほっとダイヤル」、交通事故相談等の専門相談窓口を開設しています。

弁護士の法的支援を必要とする県民の皆さまに寄り添い、地域に根ざした法的支援を迅速にお届けできるよう、本部と支部が連携し信頼される弁護士会を目指して積極的に対応していきたいと思います。
1年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成29年4月1日
延命  政之

 
 
本文ここまで。