ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

会長就任のご挨拶

神奈川県弁護士会会長 伊藤 信吾

神奈川県弁護士会会長 伊藤 信吾

皆さまには、益々ご清栄のことと存じ上げます。

さて、私は平成31年4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任いたしました。

神奈川県弁護士会は、神奈川県内に法律事務所をもつ全ての弁護士・弁護士法人が加入する公的団体です。会員数は平成31年4月1日現在で1661名となっており、川崎、県西(小田原)、横須賀、相模原の弁護士会各支部にも多くの会員が所属しています。

昨今、社会の複雑多様化に伴い、憲法改正問題や貧困格差の広がり、いわゆるブラック企業やパワハラ等の労働問題等、これまで私達が直面してこなかった様々な問題が生じています。そして、ややもすれば生産性・効率性のみを追求する姿勢が優先されがちですが、かような状況だからこそ、弁護士及び弁護士会も、一人ひとりが、より互いを尊重する社会を担うべく開かれた司法を目指し、社会的弱者に寄り添い丁寧に問題解決にあたることが必要と考えます。

そして、神奈川県弁護士会は、開かれた司法を実践するため、県内8カ所に法律相談センターを設け、きめ細かい相談窓口を整えています。昨年3月には、高齢者や障害者の支援のため成年後見センターみまもりを立ち上げ、事業者のための「ひまわりほっとダイヤル」、交通事故相談等の専門相談窓口等、あらゆる分野での相談体制を整えております。今後も、より身近な弁護士を目指しアクセス環境を整えていく所存です。

結びとなりますが、本年も、司法の支援を必要とする県民の皆さまに寄り添い、地域に根ざした司法サービスを神奈川全域に広げるように、本部と支部が連携し信頼される弁護士会を目指して積極的に活動していく決意でおります。

1年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成31年4月1日
伊藤 信吾

 
 
本文ここまで。