ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

会長のご挨拶

神奈川県弁護士会会長
二川ふたがわ 裕之ひろゆき

神奈川県弁護士会会長 二川 裕之(ふたがわ ひろゆき)

皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

月日が経つのは早いもので,神奈川県弁護士会会長に就任して3か月が経過いたしました。

今年度は「チャレンジ!かな弁」をスローガンとして,県民ニーズに沿った弁護士活動領域の充実,地域に密着した災害対応などの重点課題への取組みを中心に,「身近で利用しやすく頼りがいのある弁護士・弁護士会」との評価をいただくことができるよう,活動を日々推進しております。

神奈川県弁護士会では,一般的な法律相談(県内8つの相談窓口と4つのサテライト相談場所)はもとより,各種の専門的な分野に応じた法律相談も実施しています。長引く新型コロナ禍に起因して,事業者・一般個人を問わず,これまで伏在していたさまざま法律問題が表面化し,今後もますます増加していくことが予想されますので,万全の対応態勢を整備するよう努めてまいります。

4つある支部のうち,川崎支部は昨年,設立60周年を迎えております。新型コロナ禍の収束が見通せない中,昨年から本年9月に延期された記念式典は年度末の2022(令和4)年3月4日に再延期となりますが,めげることなく,増大する川崎北部地域のニーズにお応えするべく,溝の口法律相談の相談回数を増やす等,市民のために活発な活動をしております。

神奈川県弁護士会は引き続き,私と一緒に写っている川崎と縁の深いキャラクターのように,県民の皆様に親しまれ愛される弁護士・弁護士会を目指し,関係諸団体とも協力しつつ,人権擁護と社会正義の実現に向けた活動をさらに加速させる所存です。そして,私ども執行部も来るべき暑い夏に備え,オール神奈川らしく,茅ヶ崎市にならいアロハビズ姿で元気に頑張ります!

次回は10月に更新する予定ですので,どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

2021(令和3)年7月1日
二川 裕之

 
 
本文ここまで。