ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

現地調査の秘かな楽しみ

2013年12月06日深澤 詩子弁護士

テレビドラマなどで,弁護士が「よし!現場に行ってみよう」と言って事件現場に行き,「ああっ!これは何だ?!」とか言いながら,事件の決定的な証拠(凶器のナイフとか,指紋付きライター等)を見つける,といったストーリーをご覧になることはよくあると思います。残念ながら(?)現実には,そんなドラマチックなことは,まずありませんが,現地調査には,結構,行きます。主に,不動産関係の事件(店子が行方不明になったとか,境界問題など)で多いかもしれません。

私の現地調査での秘かな楽しみは,動物たちとの出会いです。ある境界問題で出かけたときのこと。1階の居間でお茶を頂いていると,廊下の向こうから,ドスドスと貫禄のある足音と共に,立派な虎猫がやって来ました。その瞬間,その家のご主人が発した声に私は凍り付きました。「母さん!お客さんのコートを狙ってるぞ。チビが!」(え?今,なんて?)

写真

私のコートを狙うチビ君

今は,8キロほどはあるチビ君,小学生だった次男さんに拾われた当時は子供の手の平に載るほど小さく,病弱だったそうです。堂々たる猫に育ったチビ君,居間では失敗しましたが,後に,私が,道幅を測っていると,ツツッとやってきて,コートに身体をすりすりし,満足したのか去って行きました。  

又,別の事件で大きな農家を訪れた時には,誰にでも愛想良く尻尾を振ってしまう番犬ならぬ愛犬の芝犬をうっかり,メンソレタームを塗ったばかりの手で撫でてしまい,次に伺った時には,ツンケンされました・・・。

神奈川県内は,まだ緑が多く,農家も多いせいでしょう。電線をふさふさ尻尾の「夫婦のリス」(その家の御当主談)が伝っていくのを見たり,ハクビシンが畑の中を疾走したり・・・(私は見逃し,70代のボスはしっかり,目撃!)。日本人は,世界中で一番緑を好む民族だそうです。日常生活に動物たちがごく当たり前に暮らす自然が残っていることはとても嬉しいことだと思います。

写真2

文中の愛犬とは別犬,お留守番役ソックス君。通称,そっ君。

写真3

事務所のアイドルあめちゃん。 鰹節ちょうだいポーズ。


 

執筆者情報

弁護士名 深澤 詩子
事務所名 落合正令法律事務所
事務所所在地 横浜市中区尾上町3丁目35番地 横浜第1有楽ビル2階
TEL 045-662-8601
FAX 045-662-8607

 

 
 
本文ここまで。