ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

海外旅行と私

2015年02月06日今西 隆彦弁護士

写真1

英国の国会議事堂内にある政治家
エドマンド・バークの立像

 スーパーヒーロー並みの人間離れしたご活躍をされる弁護士もいらっしゃいますが、弁護士もいちおう人間ですので、たまに長期の休みを取って海外に出掛けたいと思うことがあります。この私もご多分にもれず、そのうちの一人であります。

 さて、海外旅行などと口にしている私ですが、実は27歳まで日本から一歩も出たことがありませんでした。
 初の海外旅行は、父の仕事の関係で連れて行ってもらったインドのデリー。見るもの(男の人同士が堂々と手をつないで歩いているのを見てビックリ!)、触れるもの(狂犬病の注意報が出ていたのに、ある寺院で野良犬と触れあいました(笑))、食べるもの(インドカレーうまい!)、そのすべてがあまりに新鮮で忘れられず、修習を終えて弁護士になる前に、早速、初一人海外旅行に行きました。

 当初はインド再訪又は料理がおいしいと噂のヴェトナム、あるいはほほえみの国タイを考えていたのですが、心配性な両親から「頼むから治安のいい国にしてくれ」といわれ、欧州随一の治安の良さを誇るといわれる英国はロンドンに決めました。
 ちょうどロースクール生の時分、エドマンド・バークの「フランス革命の省察」を読んで感動し、そんな関係で是非一度英国を訪れたいと思っていたのも後押しになりました。

 ところが行った時期が良くなかった・・・
 修習を終えた直後の12月のロンドンは寒いし、日は落ちるのは早いしで、観光地巡りはあまりできず、さらに初の海外ということを見透かされたように詐欺に引っかかり、「イマイチだなぁ」と残念な思いをしながら帰ってきました。
しかし、「一度で決めるのは良くない!」と自分を奮い立たせ、ベストシーズンといわれる夏にロンドンを再訪したところ、日本と大違いのさわやかな夏!そんななか、古い街並みを眺めつつ、有名な観光地を巡ることができました。

写真2

バッキンガム宮殿

写真3

テムズ川に架かるタワーブリッジ

すっかりロンドンに魅せられた私は、それ以来、2年に1回くらいの割合でロンドンに行っています。他の国はまだ行っていません。
 どうして何度も行くのかというと、自分は観光地一つにつき長いと4時間とどまったりするので、複数回行ってもまだ名所と呼ばれるところを回りきれないからです。まだグリニッジとかウィンザーとか行っていないんです。

写真

ロンドンビッグアイから俯瞰した、英国国会議事堂の全景

というわけで、「海外旅行」といいつつ、まだデリーとロンドンしか行ったことがないという、通な人から見たら邪道中の邪道を歩んでいる私ですが、そろそろ他の国も訪れた方がいいのかなと思っています。
 この先どんな国、どんな都市を訪れることになるのだろう・・・
 新たな出逢いの予感にワクワクしつつ、日々お仕事に励む今日この頃です。

 

執筆者情報

弁護士名 今西 隆彦 写真
事務所名 今西法律事務所
所在地 神奈川県相模原市南区相模大野8-4-2 ラ・メールビル2階 I-1号室
TEL 042-705-9781
FAX 042-705-9782
メール imanishi-lo@arion.ocn.ne.jp
ホームページ http://www.imanishi-lawoffice.jp/
 
 
本文ここまで。