ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

何故走るのか

2016年01月08日髙木 小太郎弁護士

昨今、ランニングブームですが、私も2014年の東京マラソンに応募してみたところ、当選してしまったことをきっかけに、フルマラソンを始めるようになりました。

初マラソンで、無事に目標タイムの4時間を切ることができましたが、せっかくフルマラソンを走れるようになったのに、このまま一回だけで終わらせてはもったいないと思い、東京マラソンを皮切りに、北海道マラソン、福岡マラソン、京都マラソン、横浜マラソン、北海道マラソン(2回目)とこれまで6回走ってきました。

ところで、フルマラソンをやっているという話をすると、しばしば「辛くないの?」と聞かれますが、胸を張って言えます。辛いです。特に、後半は、足も棒みたいになり、腰回りも痛くなったりしながら走ります。辛くないはずがありません。
「ランナーズハイみたいなものがあったりしないの?」と聞かれることもありますが、少なくとも私はありません。辛いだけです。
「楽しい?」と聞かれることもありますが、少なくとも、30キロ以降は楽しめる余裕はほとんどないです。

スタート前   写真1
写真2   完走後

じゃあ、何で走るんだろうと自分に問いかけをすると、色んな要素が小さな要素が積み重なって、だからやめられないんだろうなと思います。42キロという距離を走り切ることや目標タイムを切ることの達成感、普段見ることのできない街の表情を見る楽しさ、沿道からの声援、一緒に走っている他のランナーとのつながり、完走した後のお酒の美味しさ、一つ一つではこんな辛いことをする動機付けにはならないのですが、小さな喜びを色々と与えてくれるから、私は、辛くても走るんだろうなと思います。

ところで、沿道からの声援は非常にありがたいのですが、「残り30キロ」とかまだまだ距離が残っていることを告げるのはやめてください。まだ、そんなに走らないといけないのかと心がやられます。「辛くない」というのもご容赦ください。辛いんです...
今年も横浜マラソンに出場が決まっています。小さな喜びを貰いに走ってきます。

 

執筆者情報

弁護士名 髙木 小太郎
事務所名 横浜ユーリス法律事務所
事務所住所 横浜市中区日本大通18番地KRCビル403B 
TEL 045-651-6635
FAX 045-651-6673
Webサイト http://www.jurislaw.jp
 
 
本文ここまで。