ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

保険会社から症状固定と言われてしまいました

2019年04月12日更新交通事故

保険会社から「そろそろ症状固定の時期かと思いますが、お身体の具合はいかがですか。後遺障害の手続もありますよ。」と連絡がありました。私としては、まだ身体に痛みや痺れがありますし、腕には手のひらより大きな傷跡が残ってしまっています・・・。私は一体どうすれば良いでしょうか。

治療を継続するかどうかは医師とよく相談しましょう。今後の治療の効果があまり期待できないけれども、症状が残ってしまっている場合には、症状固定として治療を一区切りし、後遺障害等級認定の申請をすることも考えられます。

後遺障害等級認定の申請にあたっては、医師に「後遺障害診断書」を作成してもらう必要があります。痛みや痺れなどの自覚症状は、丁寧に医師に伝えましょう(事故直後や日頃の診察時から丁寧に伝えておくことも重要です。)。傷跡が残ってしまった場合には、傷跡の位置、大きさ・形状等を図示したり長さを測ったりしてもらいましょう。

なお、後遺障害等級認定は、後遺障害診断書を提出すれば必ず認定されるというものでは決してありませんので注意が必要です。

交通事故によって怪我をされた場合、完治することを信じて治療を続けられていることと思います。しかし、症状固定の話をされてからではなく、治療中であっても弁護士への相談は可能ですので、ご不安なことや気になることがあれば、お気軽に弁護士までご相談ください。

関連情報

交通事故相談
交通事故コンシェルジュ
総合法律相談

回答者情報

弁護士名 今井 菜美

 

 
 
本文ここまで。