ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

思い出のアルバム

2012年04月06日本田 正男弁護士

先週末は,今年小学生になる次男の保育園の卒園式でした。

次男は,生まれて2か月後には保育園に通うようになったのですが,当初長男とは別の保育園に滑り込んだことから,親は毎朝2か所の離れた保育園の掛け持ちになり,移動のために仕方なく自動車まで買わされる羽目になったのが昨日のことのように思い出されます。

この間デジタル機器の発達のおかげで,無数といってもいいような数の笑顔の画像が残りましたが,親の心には,雨の降りしきる中,バギーの車輪が外れて動かなくなり,唯でさえ重い鞄を抱えながら,途方に暮れたときのことや,仕事の立て込んだ時期に体調を崩されて,綱渡りのスケジュール管理になったことなど,やはり,焦ったり,困ったりしたときのことばかりが思い起こされます。
卒園式の父母の挨拶でも,不意に熱いものがこみ上げてきて,言葉に詰まってしまったりしていたお父さんの姿などもありましたが,その場に居合わせた誰もが,その言葉にならない沈黙にこそ,これまでどれほど深く,子育てに係わってきていたのかという証をみたのではないでしょうか。

よく,うちの子どももどこかの野生動物みたいに生まれて1時間もしたら立って歩くようになったらいいのになどと思うことがありましたが,子どもが大人になるのに気の遠くなるような時間と手間暇がかかるのとまったく同じで,親も一日で親になる訳ではないですね。

どんなことでも,ほとんど無意味としか思えないような試行錯誤の積み重ねの果てに,それを経験した人にしか触れることのできない宝物がプレゼントされるのではないでしょうか。とくに,他人との出会いや別れの多い春先には,ついそんなことを考えてしまいます。

 
 
本文ここまで。